ホーム > 悩み全般 >

頑張りたいのに頑張れない。それは心が送っている【重要なサイン】です

こんにちは。おかしな幸福論のモリです。

今回は、「頑張りたいのに頑張れない」ということについて見ていきたいと思います。

「頑張りたいのに頑張れない」は心が送っている重要なサイン

「頑張りたいのに、頑張れない」
「頑張らなきゃいけないのに、頑張れない」

そんなこともあるかも知れません。

そんな時は、自分は何をやっているんだと自分を責めたくなったり、これからどうしたらいいんだと、とても不安な気持ちになってしまうかも知れません。

実は僕自身、そんな時期があって、仕事を頑張らないといけない時期なのに思うように働けなくなってしまって、最後は体が言うことを聞かなくなって、まともに座っていることもできなくなったんですね。

その時は「もう寝ながら仕事をするしかない」とそう思ったことを覚えています。

この後、どうなったか?

ということについては少し後にお話ししたいと思います。

少し話を戻すと、「頑張りたいのに、頑張れない」というのは、実は心が自分に向けて送っている重要なサインなんですね。

それはどんなサインか?

ということですが、主に3つのサインがあります。

①「頑張りすぎている」というサイン

1つ目が、「頑張りすぎている」というサインです。

頑張りたいのに頑張れない。

そんな状態が続くと、何だか自分が情けなく思えてきます。

それが例えば、今やらなきゃダメなのに・・という時だったりすると、余計自分が情けなくなったり、なんでこんな時にと、自分を責めたくなったりもします。

ただ、こういう状況、頑張りたいのに頑張れない状況というのは、頑張れないから起きているんじゃなくて、すでに頑張りすぎているからこそ起きている・・・そういうことが多いんですね。

「頑張りたいのに頑張れない」というのは、つまり、「頑張りすぎている」というサインなんだと思います。

「頑張りすぎた結果、体も心も疲れ果てているよ」

そういうサインです。

それは言い換えると、「この辺で少し休んだ方がいい」というサインなんですね

でも、そもそも何故、そんなになるまで頑張ってしまうのか?

ということですが、心の疲労というのは、自分ではなかなか気づけないんですね。

体であれば、わかりやすいかも知れません。体のどこかが痛くなったりしますから、わかりやすいと思うんですね。

でも、心の場合はそうではなくて。

ただ、心にも、疲労が限界に来ていることを簡単に見分ける方法があって。

それは何かと言うと、「頑張りたいのに頑張れない」ということ、なんですね。

②「何かを変えた方がいい」というサイン

2つ目が、「何かを変えた方がいい」というサインです。

言い方を変えると、「頑張りたいけど頑張れない」のは、何かを間違えているからかも知れない。

じゃあ、何を間違えているか?

というと、例えば、頑張り方を間違えているのかも知れないし、頑張る場所を間違えているのかも知れないし、または例えば、自分には合わないことを無理をして頑張ってしまっているのかも知れないし・・

冒頭で僕自身の話をしましたが、僕も間違えていたんですね。

何を間違えていたかと言うと・・

僕は長い間、何かを成し遂げないといけない、何者かにならなければいけないと思っていました。

だから、自分に多くのことを求めていたし、それができない自分を責めたり、否定していたんですね。

ただ、動けなくなって、まともに仕事ができなくなってしまったことで、そんな自分を変えようと思いました。

変えようと思ったというか、変えるしかなかったんですね。

ただ、その時、それまでの何かを成し遂げるという人生の目標を捨ててしまって、これからは楽しむことそのものを人生の目標にしようと、そう思ったんですね。

不思議なもので、楽しむことが目標になると、色々なことが不要になってきます。

例えば、人と比べることとか、人に勝つこととか、誰かに何か証明することとか・・そういうことが必要ではなくなっていった。

この話をすると長くなりそうなので、今回はこの辺にしたいと思いますが、ただ、僕の場合はそうやって、自分の生き方を結果的に変えざるを得なくなったんですね。

すると、奇跡みたいなことが起こりました。

まともに椅子に座っていられなかった体がその後、治っていったんですね。

僕にとって「頑張れない」というのは、頑張りすぎているというサインであったと同時に、大きな意味では、このままではダメだから、生き方を変えなさいというサインだったわけです。

「頑張れない」という気持ちが自分に何かを伝えようとしている。

そういうこともあります。

③「今は頑張る時じゃない」というサイン

3つ目のサインが、「今は頑張る時じゃない」ということです。

頑張れない時は、頑張るべき時じゃないんですね。

ところが、頑張りすぎて、メンタルの調子を崩してしまう人も大勢いますが、そういう人は、その状態でも頑張ろうとしたりします。

でもそんな時は頑張ってはいけない時なんですね。

この状態でしっかりと休んだり、ペースを落とすと、メンタルは比較的早く回復します。

ところが、このサインを無視して頑張り続けると、心の状態が悪化して、そうなると回復までに長い時間がかかってしまうことがあります。

だから、最初にサインが出た段階で、頑張れないとか、やる気が出ないとか、そういったサインが出た段階で休むこと、ペースを落とすこと、もしくは頑張り方を工夫することがとても大事です。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

お知らせ:YouTube、SNSでも発信しています。詳細はこちら