ホーム > 言葉のかけら >

自分には飛びぬけた才能がなく、何をやっても中途半端だと思った時

何をやっても中途半端というのは、何をやってもある程度できるということで、それはすごい才能だと思うんですね。

また、その自分にできることをいくつか組み合わせた時、それは自分だけにしかできない特別な何かになることがあります。

「何をやっても中途半端」は可能性に溢れているということだと思います。