「おかしな幸福論」のサイト内を検索できます:

友達が多い人の7つの特徴とは?

自分は友達が少ないと悲観的になる反面、友達が多い人に憧れてしまうこともあります。

でも本当はそんな風に思う必要なんてないのかも・・・知れません。そのお話の前に、まずはどんなタイプの人が友達が多いのか・・・その特徴などをまとめてみたいと思います。

1.相手を好きになれる人

友達のことを好きになれる人は友達も多いように思います。友達を好きになれる人とは、相手のことに興味が持てる人、相手と一緒にいて話をしたり、遊びに行ったりといったことに対して感謝の気持ちが持てる人だと思います。

一緒に居て、自分のことばかり話す人だったり、自分に興味を示さないような人と会いたいとは誰もも思わないと、思うんです。逆に自分に興味を持ってくれる人、話を聞いてくれる人とは会いたいと思ってしまいます。

好きになれば、好かれることになる。相手のことを思いやれば、思いやってもらえるようになります。

だとしたら、好かれることばかり探していると好かれないことになります。好かれるには、まず好きになる必要があるのかも知れません。

2.相手を判断しない人

他人のことをこの人はこういう人でとか、この人はこんなところが良くなくて・・・と相手を判断する人に友達が多い人はいないのかも知れません。

友達が多いという方は、相手を判断したりせず、相手のそのままを受け入れている人だと思うんです。

だから、相手の欠点がどうだとか、ここが悪いとか・・・そういったことを言うこともないわけで。相手の欠点にしても、欠点というよりも個性として捉えたり、その点について、相手に直すように要求したりせず、この人はこういう人だから・・・と相手を受け入れられる人ではないかと思います。

3.いつも笑っていて、楽しそうな人

暗い顔をしている人の周りには人は集まってこないものです。でも笑顔でいつも笑っている人、楽しそうにしている人の周りには人がたくさん集まってきます。

暗い顔をしているのは悩みがあったり、問題を抱えているからだ・・・と思う方もいらっしゃると思います。でも楽しそうにしている人に問題がないかというとそうではないと思うんです。

むしろ、色々あるけれど、それでも笑っているその人に魅力を感じて、人は集まってくるのだと思います。そんな人とは一緒に居たいと思ってしまいます。

4.自分から行動している人

メールが来ないなぁ・・・と待っていてもメールってこないものです・・。携帯にどんどんメールが来る人は何をしているかというと、来たメール以上のメールをその前に送っているんですね。

つまり、自分から行動している・・・ということだと思います。

電話がかかってこない人は、自分から電話をかけていない人です。だから、電話をかけて欲しかったら、自分から電話をすることが一番の方法ということになると思います。

そうやって行動していると、今度は自分が送っていなくても相手からメールが来るようになります。考えてみたら、自分からメールを一切送ってこないような人には、誰もこちらからメールをしようとは・・・思わないと思うんです。

友達が多い人は自分から行動する人なのかも知れません。

5.目の前にいるその人を大事にする

一緒に居ても、例えば、明日○○と会って、映画に行くんだぁ・・・なんて話をされると、自分のことを軽視されているようでがっかりしてしまったりします。

その人にとっての優先順位というものはやはりあると思うんですね。家族はやっぱり一番だと思うし、恋人を優先する・・・それはわかります。

でもそういったところを見せないで、今目の前にいる友達を大事にできる人は友達に好かれる人だと・・・思います。

今、目の前にいる人を大事にできる人は、今という時間を大切にできる人です。そういう人は、時間の大切さ、友人の大切さ、今一緒に居てくれる友達への感謝の気持ちがある人だと思うんです。

6.自立していること

「仕事大変そうだけど、大丈夫?」

そういうさりげない気遣いの言葉が嬉しかったりします。勿論、親身になって相談にのることも大切だとは思うんです。でも、お互いに依存してしまうような関係になると、友達関係はうまくいかないと思うんです。

お互いにべったりの関係はすぐにうまくいかなくなります。相手のことを本当の意味で気遣うことができることができるのは、自分が自立しているからこそできることだと思うんです。自分が自立していないで、相手のことを本当の意味で気遣うことはできないと・・・思うんです。

7.ありがとう

「ありがとう。」

その一言が嬉しかったりします。人は感謝されると嬉しくなる・・・そんな特徴がありますから、「ありがとう」と言われると誰でも嬉しくなります。

その「ありがとう」という言葉は、相手に感謝できているから出てくる言葉です。友達を当たり前だと思わない人、一緒に居れることに感謝できる人は、相手からも大切に思われる人なのだと思います。

どの位友達がいれば多い?

最後に友達の数・・・について考えてみたいと思います。
友達はどの位いれば多いのでしょうか・・?

多くの友達が欲しい・・・確かにたくさんの友達がいれば、毎日楽しくなるのではないか・・・と思ってしまいます。

でも実際は友達の数が多ければ多いほどに、人間関係のトラブルも多くなります。ちょっとしたメールのやり取りの中で誤解が生じて、その友達とうまくいかなくなったり、陰口を言われたりすることもあるかも・・・知れません。

それに数が多くなればなるほどに、一人一人とは浅い関係に終わります。広く浅く・・・そんな関係に興味があるのであれば、それでもいいですが、僕はそういう表面だけの友達が多くても仕方がないのではないかなと・・・思ってしまいます。

上っ面だけの友達がいくら多くても、そういう人たちにいくら囲まれていても、心は寂しい気持ちになるのではないかと思ってしまうのです。

本当の友達は、一人一人にかける時間も多くなります。語り合ったりすることもあるでしょう。

そういう風に考えると、本当の友達の数はそれほど多くは持てないと思うんです。1人だけでもいれば最高です。10人もいたりしたら・・・体が持たないかも知れませんし、家族や恋人と過ごす時間なんて殆どなくなります。

友達の数を求めてしまうのは、やはり心のどこかに寂しさがあるからかも知れません・・。でもその寂しさは友達の数が多くなっても決して解消されることはないのかも・・・知れません。

人が寂しいと思うのはある意味宿命のようなものだから。どうやったって、一人で生きていかなければならないわけで。家族と一緒に暮らしているけど、それぞれに自分の人生があって、自分の人生は自分の足であるかなきゃならない。

友達や家族のことを助けることもあるでしょう。でも、それは自分が自分の足で歩いているからできることかも知れません。

そういう意味でみんな本来は一人で自分の人生を歩いていることになると思います。でも、人は寂しさとは切っても切り離せない生き物だから、最後は一人で死んでゆくということがわかっているからこそ、目の前の人にも優しくなれるのかも知れないし、その人と一緒に居れることを感謝できるようになるものだと・・・僕は思っています。

最後まで記事を読んでいただき、本当にありがとうございました。
感謝です。



よく読まれている記事